FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菌活」が大ブーム!菌活の効果とおすすめ食材を紹介します

「菌活」がいま話題になっていることをご存知でしょうか。最近では婚活や妊活、終活など○活という言葉が増えていますが、まさに菌活もその一つ。カラダに良いと注目されている菌活の効果や方法を徹底解説していきます。

●菌活について

「菌」と聞くと、細菌やバイ菌のような体に悪さをする菌をイメージするかもしれません。たしかに人間にとって有害な菌は身近にたくさん存在していますが、反対に有益な働きをする菌も存在します。菌は私たちの体の中にも棲んでいて、腸内には数百~数千兆個もの細菌が存在すると言われています。

体内に棲む菌には悪玉菌と善玉菌があり、このうち善玉菌は様々な健康効果をもたらせてくれるのです。菌活とは、善玉菌を増やすための活動を行うことを指します。

●菌活で期待できる効果

菌活を行うことで腸内環境が整い、美容から健康まで様々な効果が期待できます。

・整腸作用
・便秘・下痢の改善
・免疫力向上
・抗アレルギー作用
・消化吸収の補助
・血圧・血糖値の抑制
・ダイエット効果
・美肌効果
・むくみ予防 など

●菌の種類とおすすめの食材

日本には様々な菌が含まれた食品が存在します。菌の種類は豊富で、菌によって得られる効果も異なります。どのような菌があるのか、そしてどんな食材が適しているのかを見ていきましょう。

・乳酸菌
もっともポピュラーとも言える乳酸菌は、善玉菌を増やしウイルスや細菌から体を守る働きがあります。ヨーグルトやチーズ、漬物やキムチなどに含まれています。

・酵母菌
お酒や味噌に含まれており、高血糖や腸内環境の改善に効果が期待できます。日本酒や味噌、醤油などに含まれています。

・酢酸菌
アルコールから酢酸へ変える働きを持つ菌で、疲労回復や高コレステロール・高血圧の予防などに効果があります。酢やナタデココに含まれています。

・納豆菌
日本でもメジャーな納豆には、納豆菌が含まれています。納豆菌が生成するナットウキナーゼは血液サラサラ効果や骨粗しょう症の予防に効果が期待できます。

・菌(きのこ)
「菌」という漢字には、キノコという読み方があるのをご存知でしょうか?キノコ自体に菌が存在しており、そのまま摂取することができるのが特徴です。食物繊維も豊富で、腸内環境の改善、肌荒れや便秘予防に効果的です。エリンギやしいたけ、えのきやしめじ等に含まれています。

●菌活を行うポイント

菌活を行ううえで、大事なポイントを3つご紹介します。

1.毎日継続して行う
菌類は、一度にたくさん摂ればそれで良いというわけではありません。便となって排出されてしまうため、毎日継続して菌を摂取することが大切です。

2.腸内で善玉菌を育てる
菌活には、菌を直接摂取する方法と、腸内で菌を育てる方法があります。善玉菌を増やすには、善玉菌のエサである食物繊維やオリゴ糖の摂取が効果的。これらの成分を含む食品も継続的に取るようにしましょう。

3.様々な菌を合わせる
菌活で重要なのは、様々な菌を継続的に摂取するということ。発酵食品やキノコ類など、複数の食材を取ることでより効果的に作用します。

●最後に

今日からでも始められる、とっても簡単な菌活。食材をアレンジしたり新しい食材に挑戦してみたりして、楽しみながら菌活に取り組んでいきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。